« ライブ遠征の心配事 | トップページ | 会場のキャパ的には&《空も飛べるはず》のギターが!! »

2017年8月 2日 (水)

「愛のことば」って、何だろう?

そうだ8月になったってことは、武道館ライブはもちろんのこと、スピッツの曲が4曲も使われるドラマ、『伊藤くん A to Z』も始まるよね!!
そのドラマに出演する木村文乃がこんなツイートしてた!!


スピッツのこと好きなんだね!!


うんうん、《愛のことば》も《若葉》も、綺麗で懐かしい感じのメロディーに奥深く共感を呼び覚ます歌詞の愛と切なさが心地良くて、心が均(なら)されるよねconfidentheart02

それにしても、木村文乃が出るドラマにスピッツの曲が使われるからって、シングル集買ったとか、聴いてみますとか、聴き始めたとか、聴きまくってるとか、嬉しい限りだよhappy01notes


だけど、「愛のことば」って、何だろう?どういうものだろう?

誰かや、何かに対する感情から生まれる言葉なのかな?
いや、それなら探し続ける必要はないか…

あれかな、全生命にとって必要な、慈悲とか救いの言葉かな?
あら、なんか宗教みたいcoldsweats01
でもさ、宗教って色んな主義主張はあるけど、どの宗教も、突き詰めればそういうことなんじゃないかなぁ?


~今 煙の中で 溶け合いながら
探し続ける愛のことば~


死んだら魂は雲散霧消するって言うけど、それは消えて無くなるってことじゃなくて、この世の全ての場所に在り、全ての時間にいて、全ての意思となるってことで、つまりは、「溶け合う」ってことなんだと思うの。

マサムネが書く歌詞には、「煙」が何度か出てくるけど、それは雲散霧消した魂のことなのかもなぁ…
あと、「ミルク色の細い道」とか「深くミルク色に煙る街」とか「闇も白い夜」とか「白い闇の中で」とかも「煙」と通ずるものがあるんじゃないかなぁ…

で、結局「愛のことば」って、雲散霧消した魂から、人間の思考や欲望などを完全濾過した後に残る「真理」みたいなものなのかなぁ…
あ!!《僕の天使マリ》の「マリ」って、「真理」のこと?!…違うかcoldsweats01

ってか、そこに残った「真理」でさえも、人の思惑や推察で汚れてしまっている。
だからずっと探し続けるのかな、もうこれ以上進めなくても…

もしかしたら「愛のことば」なんて無いのかも知れないけど、私はこの歌自体が「愛のことば」だと思う。
歌から「愛のことば」を感じるっていうか…


あら、頭使ったら目が冴えちゃったeye
でも、頭使って疲れたからもう寝るgawk


ほんじゃまた!


« ライブ遠征の心配事 | トップページ | 会場のキャパ的には&《空も飛べるはず》のギターが!! »

コメント

こんばんは〜(^ ^) 相変わらず深いですね〜ミーコさん。

私も『愛の言葉』は永遠に探し続けることになるのではないか?と思っています。
叶えられない想いのような気がしますね。
神様から許される時=愛の言葉が与えられる時、って感じかな?
だから「愛の言葉」は悲しい感じがします。MVの影響かな?

でも、言葉よりも触れ合い求めて突き進んじゃうんですよね!(^ ^)
そう、ロックは魂だ! 言葉なんか要らないぜい!\(^o^)/

もっちょんさん♪
そうですね、『愛のことば』を探し続けることこそが『生』の意義であり意味であるかも知れませんね。

そして『神様』さえも、雲間からこぼれ落ちちゃうんですから、やはり『僕ら』でなんとかしなきゃいけないんですよ!

うーん、ロックは魂なんだけど、それを言葉で表現することが創作者の役割というか…だってマサムネの歌詞があってこそのスピッツの曲だし…確かに言葉は要らないのかもしれないけど、マサムネにはこれからも言葉で表現し続けて欲しいのですconfidentshine
って、もっちょんさんと反対のこと言っちゃってごめんなさいcoldsweats01
でもこうして色んなことを考えさせられるところもスピ曲の魅力ですよねwinknote

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1849378/71314918

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛のことば」って、何だろう?:

« ライブ遠征の心配事 | トップページ | 会場のキャパ的には&《空も飛べるはず》のギターが!! »